下窪俊哉『音を聴くひと』 | アフリカキカク

1/11

下窪俊哉『音を聴くひと』

¥2,200 税込

別途送料がかかります。送料 ¥200

下窪俊哉の作品集『音を聴くひと』が完成しました!

コンセプトは〈幕の内弁当〉──小説もエッセイも、対話の記録も、イロイロあり。

最初期の小品『そば屋』に始まる、1999年〜2014年に書かれた短編・中編を選りすぐったベスト・セレクションに加え、フォトジャーナリスト・柴田大輔とのトークの記録と、これまでに書かれた『アフリカ』編集後記は全てノーカットで掲載。それから、アフリカキカクの本らしい〈あそび〉も、所々にあり?

初版をご購入いただく方へは、「音のしおり」と「音のポストカード」をもれなくおつけします。ただのしおりとポストカードですが、音を感じてください。

B6判・モノクロ・240頁
初版発行:2020年6月21日

【目次】(初出/発表年)

そば屋(『よいたち』第3号/1999年)
テーブルのある部屋(『寄港』第3号/2004年)
幸せの玄関(『ムーン・ドロップ』第4号/2004年)
吃音をうけとめる(『初日』第1冊/2005年)
音のコレクション(『アフリカ』2006年8月号)

『アフリカ』編集後記 2006〜2010

化石談義(『アフリカ』2009年4月増刊号)
暁雲によせて(『アフリカ』第11号/2011年)

『アフリカ』編集後記 2011〜2013

朝のうちに逃げ出した私(『アフリカ』第16号/2012年)
なりゆきの作法(ウェブ「Michi-Kusa」/2012年)
「外出」という仕事(『アフリカ』第22号/2014年)

『アフリカ』編集後記 2013〜2020

いま、“プライベート・プレス”をつくる、ということ──柴田大輔との対話(『アフリカ』第27号/2017年)

あとがき──音を聴くひと(書き下ろし)

詳しくは、こちらをご覧ください。
https://africakikaku.weebly.com/a-listener.html

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (20)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥2,200 税込

最近チェックした商品
    その他の商品